FC2ブログ
IMG_1739_convert_20190109142215.jpg
2019年、新春登山は富士山に行ってきました。
昨年12月にも同じルートで行きましたが、天候不良で視界ゼロ・・・・
天気の良さそうな日を選んで昨日行ってきました。
IMG_1478_convert_20190109141210.jpg
スタートは、須山口登山道。目の前の水ヶ塚駐車場に車を停めました。
ここから眺める富士山は、暖冬と海側に面しているため雪が少なく岩稜帯が露出しております。
今日は、写真右手の雪のついていない宝永山2693mを目指す予定です。
須山口登山道の歴史は古く、平安時代には存在していたと言われています。
その後噴火のため廃道となっていましたが、関係者の努力があって1997年頃須山口登山道は復活したようです。
IMG_1732_convert_20190109141614.jpg
スタート地点は標高1450m、しばらくは樹林帯の中を進みます。
誰もいない古の路を、昔の人々は何を想いながら歩いたのだろうと想像しながら登ります。
標高が1800mを過ぎると足元は雪に変わります。
まだ樹林帯の中なので風の影響はさほどありませんが、樹林帯を抜けた時が、怖くもあり楽しみでもあります。
IMG_1645_convert_20190109141246.jpg
樹林帯を抜け雪稜をひと登りすると、宝永火口縁に到着!
上を見上げると富士山山頂が、下を見ると巨大な宝永第1火口が見ることができます。
IMG_1386_convert_20190109141112.jpg
これは、昨年12月の同じ場所で撮った写真、ガスで視界不良、全く先が見渡せません・・・・
今日は視界は良好ですが、風が強く、冬の富士山を堪能するのは最高な日のようです。
IMG_1664_convert_20190109141418.jpg
標高2500mまで上がり、宝永山に向かうトラバース道を進みます。
この取りつきが、クセモノで雪の下にカチカチの氷があり、アイゼンが刺さらない程の硬さがあります・・・・
IMG_1692_convert_20190109141933.jpg
ここで滑落すると100m下の火口まで行ってしまいそうです。
時折り吹く突風にもビビり引き返すことにしました。
安全な樹林帯まで戻り、ちょっと一休み!
IMG_1727_convert_20190109141535.jpg
温かい珈琲と定番の行動食、チーズ蒸しケーキを食べながら富士山を眺め極楽タイム!
登ってきた道を戻り、無事に水ヶ塚駐車場に戻ってきました。
新年最初の登山もケガなく下山し楽しむことができました。
今年も1年を通していろいろな山に登り、いろんな経験を積み重ねていきたいなと思います。
登れても登れなくてもケガなく無事に戻ることが1番大事に!
次はどこに行こうかな?
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://slowlife27.blog54.fc2.com/tb.php/658-7247e276