IMG_8257_convert_20180119200400.jpg
スズキ チョイノリ 、その名の通り、「 ちょい乗り 」をコンセプトに短距離の移動だけに絞り軽量簡素化した原付バイク。
2007年まで製造されていました。
当時一番安いモデル59800円で売っていました。
エンジンはOHV 49cc 2ps 燃費はカタログ値で76km/Lというスーパーカブより優れていますが、耐久性、信頼性はスーパーカブの足元にも及びません・・・・
IMG_8258_convert_20180119200427.jpg
そんな愛すべき乗り物のチョイノリが我家にやってきました。
新しい愛車の仲間入りではなく、職場の後輩からエンジン不調のため修理を頼まれたモノです。
ステップを外すとエンジン、キャブレターがむき出しになります。
不調の症状はエンジンが吹き上がらないため、点火系、燃料系を疑い、プラグの交換、キャブレターの分解、清掃を行いました。
キャブレターの詰まりが原因だったらしく清掃後はエンジン好調で気持ち良く吹き上がりました。(もっともスピードはたいして出ませんが・・・・)
IMG_8261_convert_20180119200514.jpg
チョイノリは徹底的にコストダウンで作られたバイクなので、エンジンを長持ちさせるにはマメなオイル交換が必須になります。
IMG_8264_convert_20180119200536.jpg
オイルは余っていたコストコのオイルで十分です・・・
IMG_8265_convert_20180119200604.jpg
各部を磨き上げて整備終了!、テスト走行でも問題なし。
圧倒的にスピードは出ないけど、こんな乗り物も面白い。
後輩に返すのが、ちょっと嫌になりそうな今日この頃 ・・・・


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://slowlife27.blog54.fc2.com/tb.php/599-9919a4a5