FC2ブログ
 職場の先輩を誘い丹沢の椿丸に登ってきました。
世附のゲート前にクルマを停め歩き始めると管理釣り場の軽トラが停まり、
「3日にこの辺で釣り人がクマに追いかけられたから気をつけな!
マムシもいるからな!」
とうれしいような、うれしくないようなお言葉をいただいた!
あわててクマ鈴と笛を準備する。
浅瀬橋を世附川方面に約200メートル程進んだ保安林の看板が目印!
入り口
ここから登りはじめます、ヤブ漕ぎどころか踏み跡バッチリ、GWに人が入ったのしょうか?
木も伐採されほとんど迷うようなところはないようです。
ヤブ
一応読図の訓練も兼ねているのでしっかり現在地と進行方向を確認します。
コンパス
P519からP780そしてP719を目指します!かなりの急登ですが新緑の中を気持ちよく歩きます。
P719からの支尾根がいくつかあり椿丸に直接抜けそうな方向にテープがありましたが、傾斜のゆるいP838経由
で行くことに。気持ちの良い尾根をおしゃべりしながら歩く!
12時過ぎにP902椿丸に到着!木の根元に小さな道標が1つあるだけのシンプルな頂が好感がもてる。
正面には菰釣山、遠くに御正体山も見える!
菰釣山
椿丸 山頂
お腹もすいたので昼メシにトランギアのアルコールバーナーでお湯を沸かす。
昼食
おにぎり2個とスープでエネルギー充電完了!
先輩

天気予報では夕方から雨とのことで下山を急ぐことに!
山神峠と織戸峠の分岐にがテープの案内が!
分岐
山神峠方向に進みゆるやかな尾根をしばらく進むと再び分岐、今回は直接林道へ出る道を選択し直進!
かなりの急坂、けっこうざれている所があるがテープをひろいながら慎重に下る。
どうやら核心部はこの下りのようだ、しばらくすると林道が見えてきたおり口をさがす!
おりくち
林道におりたところで雨がポツリ、レインウェアを着るほどではないのでダラダラと林道を歩く!
突然、ヤブの中からガサガサと音がした!距離にして3メートル、「まさかっ!クマか?」先輩はすかさず俺の背後にまわる!
上下関係、縦の社会を感じた瞬間であった・・・

しかしクマにしては小さいようだ、おまけにむこうはこちらの存在に気がついてないようだ!
クマではないことを核心した先輩は急に態度が大きくなり前へ出る!
1メートルに接近し、初めて人間の存在に気がついたようだ!
それでもこちらの存在を無視し土をほじくっている!野生動物とは思えない
ふてぶてしさだ!なぜか勝ち誇ったそぶりの先輩が大きな声をだすと、全力疾走とは程遠く
めんどくさそうにノロノロとヤツはヤブに消えていった!
クマ
帰宅してから調べるとニホンアナグマらしい、しかもイタチの仲間のようだ・・・・
一応クマつながりということで・・・

お後がよろしいようで・・・・


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://slowlife27.blog54.fc2.com/tb.php/55-01f8cabd