FC2ブログ
 職場の先輩から「木を切ったから薪に使うか?」と声がかかり、「行きます、行きます」とふたつ返事!

チェンソーを軽トラに積み行ってきました。
場所はとある工場の敷地内、雑木林の一部を伐採した跡でした。
クヌギやサクラ、ナラ、ケヤキまであります、まさしく雑木林!薪のオールスターです。
ざっと見繕っても2tトラックで10台分はあるでしょか?

愛機ハスクバーナで40センチに玉切りしまくります、切っても切ってもいっこうに減らない木の山を見ると
うれしいような悲しいような気分になります・・・・

今度は一輪車に玉切りした木を積み軽トラまで搬送し積み込みます。
満載したら家に直行!あきらかに積載量オーバーです。

何回か往復し作業を繰り返します。
今度は自宅で薪割りの作業開始!
薪1
グレンスフォシュのアックスでうんざりするほど割りまくります!堅いケヤキはマジックアックス(魔法の斧)でたたき割ります!
ロッキーの映画で丸太を切り、担ぐ場面のトレーニングシーンがありましたがまさしく薪割りは筋トレです。

木は人を3回暖めてくれる!1回は木を伐った時、2回目は薪割りの時、3回目はストーブで燃やした時という言葉がありますが、まさにその通りです!

薪2
割った薪は薪小屋に積みますがこれがなかなか難しい!芸術的にキレイに積みたいのだがまだまだ修行が足りません!

こうした作業を永遠に繰り返します。
終わった後は腰痛をはじめ全身筋肉痛です・・・

苦労して作った薪をストーブで燃やし炎を眺めていると一段と暖かく感じられるのは気のせいでしょうか?
すとーぶ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://slowlife27.blog54.fc2.com/tb.php/45-d872438c