FC2ブログ
2009.05.13 白馬岳 主稜
5月9日~10日で白馬岳・主稜に行ってきました。昼過ぎ猿倉に到着し、雪解けの林道を1時間程歩くとテント場の白馬尻に到着、大雪渓は誰もおらず貸切状態、さっそくテントを設営し主稜の取付の確認をしました。

主稜1

赤い線が白馬岳頂上へ抜ける主稜です。

G.Wの好天と雨、そして夏日で雪はグズグズです、明日は2時起床の3時出発に決定、雪がしまっているうちに抜けてしまう作戦です。

アルコールも程々にして20時就寝、2時に起床しましたが少し風が強い。準備に手間取り3時20分出発、8峰までの急登を汗だくで登る、この時間なので雪の状態も良く順調に高度をかせぐ!
8峰を過ぎると雪稜となるが所々雪が切れヤブ漕ぎとなる。
だんだん明るくなり頂上までのルート全体が見渡せる!ナイフリッジは雪がもろく緊張するがロープは出さず通過する。
雪稜1
雪稜2
グングン高度を稼ぎ気が付くと杓子岳が同じ高さになっている、頂上は近い!

2峰を過ぎ最後の雪稜、このころになると雪はグズグズでかなりいやらしい!ロープを出すことにするがグズグズ雪のためスノーバーの支点もあまり信用できない状態、慎重に登る。
切り崩してある雪庇を越えるとそこが白馬岳頂上であった。
稜線はかなりの強風で立っていると飛ばされそうになるが、360度のパノラマ展望!
頂上
登ってきたラインが一望でき感動するが、これから下る大雪渓の雪の状態も心配で早々に下る。
案の定大雪渓の雪は歩きにくく、気持ちよさそうに滑って行くスキーヤーがうらやましい。

またまた汗だくでテント場に到着し撤収!なぜか行きより重く感じるザックを背負い猿倉へ!

春山を十分満喫し楽しい山行でありました。来年はもう少し早い時期の方が良いかも!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://slowlife27.blog54.fc2.com/tb.php/19-44f89e88