FC2ブログ
IMG_7610_convert_20210124200655.jpg
職場の仲間と赤岳 南峰リッジを登ってきました。
小淵沢の道の駅で車中泊、5時に起床し、美濃戸まで入りました。
美濃戸から北沢を経由し、赤岳鉱泉、行者小屋、文三郎尾根へ取り付きました。
行者小屋の温度計は、マイナス14度、風で体感温度はさらに低いことでしょう。
森林限界を超えた尾根は強風が吹き荒れています。
中岳への分岐の手前で文三郎尾根を離れ、南リッジの取り付きへの雪面を登っていきます。
取りつきの岩稜帯でロープを出しますが、岩がもろく、支点がとれる場所がありません・・・・・
風が強く吹きつけ、陽も当たらないので、次第に指先の感覚が鈍くなっていきます。
IMG_7614_convert_20210124200841.jpg
薄く乗った雪は、ピッケルもあまり効かず、岩がポロポロ落ちていきます・・・・
ビビりながらも、後ろを振り返ると、登ってきたルートと、阿弥陀岳がどーんとせまってきます!
最後まで脆い岩稜帯を登り、赤岳の南峰山頂に抜け、やっと緊張から解放されました。
IMG_7618_convert_20210124200907.jpg
風当たりが弱い、清里側の岩陰で、一休み、温かい珈琲で生き返ります。
IMG_7619_convert_20210124200946.jpg
しばらく休息し、地蔵尾根を下り南沢経由で、美濃戸へ戻りました。
IMG_7613_convert_20210124200756.jpg
駐車場からは、木々の間から、夕日に染まる阿弥陀岳が!
登山中は、ほとんど食べていなかったので、お腹がペコペコ。
以前から気になっていた美濃戸口のJ&Nへ立ち寄り、シェフ特性カレー大盛りのご褒美!
IMG_7620_convert_20210124201013.jpg
久しぶりのバリエーションルートで、ちょっと緊張しましたが、八ヶ岳らしい風と寒さを楽しめました。
関連記事
スポンサーサイト