FC2ブログ
2018.07.23 夏山満喫!
IMG_9721_convert_20180723144822.jpg
夏休みが始まる直前に静かな山を楽しもうと八ヶ岳に行ってきました。
今回のコースは、観音平から三ツ頭を経由し権現岳に登り、青年小屋にテント泊、翌日網笠山から観音平に下山するルート。
夏休み前で観音平の駐車場は朝6時の時点で5台程の駐車状態、明日のなれば路上にも駐車する車があふれているでしょう。
観音平から一旦、三味線滝方面へ下り、三ツ頭へ続く尾根に取り付きます。
展望のない樹林帯を延々と登ります・・・・
木戸口公園を過ぎると木々の間から展望が開けますが、夏山ならではの雲が沸いてきます。
IMG_9709_convert_20180723144742.jpg
稜線に出ると日差しは強いが、谷から吹き上げてくる風は涼しく心地よく感じます。
IMG_9729_convert_20180723144857.jpg
目指す権現岳もガスで見えたり、隠れたり!
IMG_9737_convert_20180723144932.jpg
ここまで誰とも出会わず、静かな山を楽しむという意味で予定通りです。
歩いているとアブがまとわりつき、疲れて歩みを止めるとチクッとやられます・・・・
そのため休憩することもままならず、バテて足が攣るという悪循環・・・・
IMG_9740_convert_20180723145002.jpg
赤岳もガスの中! 次回はキレット経由で赤岳を目指したい。
足を攣り、痛みをこらえながらも歩みを続けていれば山頂にたどり着きます。
IMG_9749_convert_20180723145033.jpg
権現岳(2715m)に到着!裏側は垂直の岩場になり数百メートル切れ落ちています。
今日は展望も望めず、10分程の滞在で青年小屋に向かいます。
IMG_9755_convert_20180723145106.jpg
頂上直下から眺める権現小屋とギボシ。
IMG_9758_convert_20180723145140.jpg
ギボシ、ノロシバへは、岩場、ガレ場を続きますが、クサリがあるので大丈夫!
岩場を過ぎると樹林帯となり、しばらく下ると青年小屋に到着!
IMG_9765_convert_20180723145208.jpg
「遠い飲み屋」も赤ちょうちんがトレードマークの青年小屋
小屋で600円を払いテントの受付を済ませます。
IMG_9784_convert_20180723145504.jpg
広いテント場は、テントが6張り程、静かなテント泊を楽しめそうです。
IMG_9767_convert_20180723145319.jpg
今回もツェルト泊で! 一人ならこれで十分。
寝るところを確保できたら、次は食欲の準備。
テント場から歩いて4分程のところに水場があります。
この水を飲むために延々と歩いてくる程の価値がある美味しい水です。
IMG_9779_convert_20180723145402.jpg
長い間は触っていられない程の冷たさです。
この水で汗を拭き、清い身体になってビールを冷やします。
10分程入れておいただけでキンキンにビールは冷え準備完了!
IMG_9780_convert_20180723145432.jpg
主役はオリオンビール、つまみは最近ハマッている合鴨スモーク。
キーマカレーの中にハンバーグが隠れております。
19時過ぎに日が暮れると、何もすることがなくなり、ツエルトの中でゴロゴロしながら自由で幸せな山のひと時を過ごします。
気がつくととうに日付は変わり、空は蒼色になっています。相当疲れていたのか、オリオンビールのおかげか熟睡できたようです。
IMG_9799_convert_20180723145535.jpg
ツエルト越しの網笠山、今日はここを経由して観音平に下ります。
IMG_9802_convert_20180723145615.jpg
朝食はいつものペンネに明太子ソースをあえた簡単調理!
IMG_9803_convert_20180723145643.jpg
陽が登れば今日も暑くなりそう!
家に帰ればもっと暑い生活が待っています。
1泊での山行はあっという間に過ぎてしまいます、次は2泊か3泊で縦走しながら山を楽しみたい!
山での楽しい時間を過ごせました。

関連記事
スポンサーサイト