思わせぶりなタイトルですが、F1の話しじゃありません・・・・

以前に書いたマクラーレンのガタバウトチェアのレストアのお話しです。
dc092020_convert_20130920171734.jpg
20年間の使用でナイロン生地はボロボロ・・・
重い腰を上げてレストア開始しました。全部で4脚あるのでまずは試作機、プロトタイプを製作します。
dc092032_convert_20130920171814.jpg
型を取るため縫い目を丁寧にほどいていきます。
dc092038_convert_20130920171857.jpg
生地を取り外しマクラーレンの心臓とも言える足だけの状態。
さすが足は健在です、ボツボツになったアルミはサンドペーパーで研磨しピカールで仕上げます。
dc092041_convert_20130920171929.jpg
外したナイロン生地で新聞紙に型紙を作ります。
耐久性を持たせるため生地は帆布の8号を使いました。
dc092046_convert_20130920171954.jpg
型紙に合わせ帆布をほつれないように折り返しミシンで縫っていきます。
これがまた楽しい作業!自分用の工業ミシン欲しくなっちゃいます・・・
座面はさらに耐久性を高めるため8号帆布を2枚重ねに!
dc092050_convert_20130920172028.jpg
これだけ厚いと家庭用ミシンでは縫えないのでスピーディ・ステッチャーで手縫い作業!
肩こりまくりですが、これも楽しい作業!無心になれます。
dc092052_convert_20130920172103.jpg
太陽の日差しをあびながら裁縫作業!アウトドアだかインドアだかわかりません・・・
dc092053_convert_20130920172136.jpg
プロトタイプはマクラーレンのタグとポケットを背面に付けてみました。
dc092055_convert_20130920172218.jpg
背もたれはリベット止めなので外します。
帆布を折り重ね新たにリベット止め!
dc092060_convert_20130920172248.jpg
背もたれの下側をステッチャーで縫っていきます。
dc092062_convert_20130920172326.jpg
文字にすると簡単そうですが、実際は2日程かかっています・・・
dc092068_convert_20130920172406.jpg
こんな感じでプロトタイプ完成!
近くでみると粗さがでるので遠目で・・・
dc092066_convert_20130920172443.jpg
後ろ姿は背もたれのテンションや縫方に問題ありますが座ってしまえばノープロブレム!
dc092064_convert_20130920172527.jpg
座り心地は旧型と比べ格段に向上しました!帆布2枚重ねも良好です!
これなら自分で改良、修理することが可能なので更に永く使用できるでしょう!
まぁ、これはプロトタイプなので手直ししながら2号機、3号機、4号機と開発していきましょう。

この試作機はMP4/7スペックBと勝手に命名しました・・・
分かる人だけ分かってもらえれば!
関連記事
スポンサーサイト