IMG_4669_convert_20170319193807.jpg
書店で見かけ気になった本を購入した。
料理研究家の土井善晴 先生の「一汁一菜でよいという提案」とう書籍だ。
興味のある人はぜひ読んでもらいたいので内容は控えますが、現代社会に生きる我々にライフスタイルを提案し、
昔は当たり前であったことを思い出させてくれるステキな本です。
IMG_4700_convert_20170319193837.jpg
まだ読み終えてはいませんが、早速実践してみました。
IMG_4667_convert_20170319193658.jpg
いつもは、ほんだしで出汁をとっていますが本にも書いてあるように「簡単なことを丁寧に」とあるように、出汁の基本である昆布で出汁をとりました。
多めに作って冷蔵庫で保存しておけば、いろんな料理に使えます。
IMG_4668_convert_20170319193728.jpg
炊きたてのご飯に、ワカメと豆腐、ボリュームを出すために卵を入れてみました。漬物はたくわんと野沢菜で!
いつもは、肉や魚のおかずがないと、物足りないと思っていましたが必要にして十分。
少しずつでもこの本に書いてあることを実践できればと思います。
その裏で、「肉食いてぇ~」と心から思っている自分がいるのも真実です・・・・・
スポンサーサイト
奥さんが世良公則のコンサートに行くというので運転手がてら横浜へ。
コンサートの間、以前から行ってみたかった革製品のお店へ。
いろんな製品を眺めながら購入したものはコレ!
IMG_4495_convert_20170306131612.jpg
ベルトを新調しました。
何百とあるバックルの中からお気に入りを選び、メインのベルト部分を選択します。
バックルは、アメリカのシスキュー社、「I LOVE COUNTRY MUSIC」となんともベタなものを選びました。
IMG_4496_convert_20170306131645.jpg
バックル裏側にMade in USAの刻印が、
IMG_4497_convert_20170306131709.jpg
革は牛革のショルダー部分を使った一番厚いモノを選択、使い込みながらメンテも楽しめそうです。
遊革(さるかわ)は、真鍮を選びました、これも経年の変化を楽しめそうです。
IMG_4498_convert_20170306131759.jpg
ベルト自体、普段は服に隠れてしまったり目立つモノではりませんが、こういうところでも趣味嗜好をアピールしていきたいものです。完全な自己満足ではありますが・・・・・
リーバイス501にこのベルトをつけて、足元はペコスを履けば気分だけは、アラン・ジャクソンです!
日常品でも気に入って永く使っているモノがあります。
愛着のあるモノなので、できるだけ修理して永く使っていきたいと思っていますが、
大事に使ってはいても、いつか壊れたりして買い替えの時がきます。
今日はそんなお話し。
まずは、
IMG_4327_convert_20170208201548.jpg
工業デザイナー 故 柳宗理デザインのステンレスケトル つや消しです。
右側が今回買い換えた新品、どちらも同じモノです。
ケトルというより、やかんと言った方がピッタリなモデル。
これで同じモノ3台目になります。
買い替えの原因としては、
IMG_4328_convert_20170208201607.jpg
IH対応なのですが、薪ストーブの上に乗せて使っていたところ底面が熱でゆがんだせいか、IH器具との反応が鈍ってしまいました。
奥さんからのクレームで柳宗理は、薪ストーブ禁止令が出され新しいモノを買うことに。
もう1つ奥さんからの指令は、同じやかんを買うこと!
このデザインが気にっているようです。もしコレが壊れて4台目も同じモノを買うことでしょう。
IMG_4329_convert_20170208201633.jpg
これで古い柳宗理は、薪ストーブ専用やかんとなりました。
お次は、掃除機の話し。
IMG_4266_convert_20170208201237.jpg
ログハウスを建てたときに購入したダイソンの掃除機。
デザインと性能に一目ぼれしての購入して、いまだ現役で大活躍。
それでも新製品と比べると大きさ、重さは・・・・
旧型の持ち運びで腰痛が・・・・という奥さんの訴えで、最新式のダイソン購入となりました。
IMG_4267_convert_20170208201305.jpg
充電式コードレスタイプで、小さく軽くなっていますが、性能はかなりアップしているようです。
IMG_4268_convert_20170208201349.jpg
最大の変更点はこのブラシ!これで今まで以上にホコリやゴミを逃しません。
IMG_4270_convert_20170208201413.jpg
アッタチメントを変えればさらに軽く、小さく。
もちろん旧型は2階の私専用機になりました。
最後はコレ
IMG_4331_convert_20170208201726.jpg
枕でおなじみにテンピュール社のSLEEP MASK  アイマスクになります。
これで同じモノを4つ目になります。
このアイマスクの存在を知った10数年前、購入して初めてつけた時の目を優しく包み込む感触は今も忘れません。
アイマスクとしての遮光性も完璧!
IMG_4332_convert_20170208201826.jpg
夜や昼寝、デッキでハンモックでうたた寝するときも、これさえあれば、うたた寝どころか爆睡間違いなしなのです!
もちろん古くなったモノは仕事用に使います。

機能的にはもっと優れたモノがたくさんあるはずですが、「いいモノはいい!」と使い慣れたモノをいつまでも大事に永く使う、そんなこだわりをこれからも持っていきたいと思います。
2017.02.03 SPAMの恵方巻
IMG_4320_convert_20170203220705.jpg
我家の常備食、SPAM (Shoulder of Pork And haM)
いつもコストコに行くと買いだめしてる大好きなSPAM
これを使って恵方巻を作りました。
ここで使うのは、巻き簾ではなく、SPAM純正品のコレ
IMG_4322_convert_20170203220922.jpg
その名も、SPAM MUSUBI (スパム ムスビ)!
ただの型なのだが、スパム好きにはたまらない1品です。
IMG_4311_convert_20170203220346.jpg
10mmの厚さに切ったSPAMを焼いておきます。SPAMだけだとさみしいので玉子焼きも作りました。
IMG_4314_convert_20170203220422.jpg
海苔を敷いて型を乗せます。
IMG_4314_convert_20170203220422.jpg
ご飯を型の3分1の高さまで詰めます。
IMG_4315_convert_20170203220516.jpg
玉子焼きを乗せ
IMG_4316_convert_20170203220553.jpg
SPAMを乗っけて
IMG_4318_convert_20170203220615.jpg
ご飯でフタをして型を押します。
IMG_4319_convert_20170203220741.jpg
型を外して海苔を巻けば出来上がり!
IMG_4321_convert_20170203220857.jpg
美味しそうなSPAMの恵方巻!

あっ、他の家族はSPAM食べれないので私専用の恵方巻ですが・・・・
今年クリスマスは、タンドリーチキンを作りました。
本物のタンドールは、もちろんないのでダッチオーブンで代用しました。
IMG_2581_convert_20161226132257.jpg
モモ肉をスパイスやハチミツ、ヨーグルトに2日間漬け込みました。
IMG_2582_convert_20161226132334.jpg
庭の小さなファイヤープレイスにダッチオーブンを準備します。
IMG_2589_convert_20161226132403.jpg
鉄筋で作った即席トライポッド
IMG_2595_convert_20161226132441.jpg
チェーンの高さで火力を調整します。
IMG_2599_convert_20161226132513.jpg
チキンに焦げ目をつけるためダッチオーブンのフタ側に多めに炭を置き、中を見ながら調節します。
カレーのいい匂いがだだよってきます。
フタを開けてみると
IMG_2601_convert_20161226132541.jpg
なかなかいい感じに焼けました。
IMG_2604_convert_20161226132606.jpg
昨日のうちに作っておいたバターチキンと豆のカリーー、そしてストーブで焼いたナンをつまみにカリーーでクリスマスの我家でした!