FC2ブログ
2021.05.02 家キャンプ!
IMG_6536_convert_20210501185438.jpg
GWに入りましたが、今年も大手を振って出かけられない状況のため、庭にテントを張りました。
夕食後、21時くらいに急にテントで眠りたくなり家族が止めるのも聴かず外にでました。
こんな暗闇でも5分で張れるクロスオーバードームが最適です。
IMG_8703_convert_20210501185504.jpg
シュラフとマット、保冷ボトルにアルコールを入れれば準備完了。
狭い空間で1人宴会が始まります。
いつものごとく、いつの間にか寝てしまい、夜中に起き、星をちょっとだけ眺め、すぐに眠りに落ちました。
IMG_8707_convert_20210501185525.jpg
翌朝は、娘が焼いてくれたワッフルと珈琲でキャンプ気分で朝食を!
外に出なくても家キャンプ、なかなか楽しいです。
スポンサーサイト



IMG_8454_convert_20210423162001.jpg
高校時代からの友人と、ふもとっぱらにCAMPに行ってきました。
Bサイトを今宵のキャンプ地とし、早速テントを設営します。
周りのキャンパーは、おしゃれなテントやグッズで華やかですが、我々オジサン達は、山岳テント2張り、10分で設営完了。
設営が終わると、とりあえず乾杯!
IMG_8499_convert_20210423162039.jpg
このロケーションが最高のつまみですが、
IMG_E8664_convert_20210423162438.jpg
メヒカリの干物で、ビールもすすみます。
IMG_8531_convert_20210423162132.jpg
気の合う仲間と最高の時が過ぎていきます。
IMG_E8662_convert_20210423162405.jpg
夕日に染まる富士山を眺め、焚き火を楽しみます。
夜は、クラムチャウダー!
IMG_8541_convert_20210423162159.jpg
この後、ステーキ肉を焼く予定でしたが、ビールに酔ったオジサンは「 少し寝る 」とテントに入り、朝まで出てきませんでした・・・・
夜中は、満天の星空でしたが、風が強く吹いていました。
IMG_8634_convert_20210423162225.jpg
当然ながらオジサン達は、朝は早いです。
テント越しに、朝日に染まる富士山をのんびり眺めます。
IMG_8639_convert_20210423162302.jpg
ストームクッカーでエスプレッソを!
DSC_0358_convert_20210423165259.jpg
朝の散歩で、広いキャンプ場を歩いていると、今週末に開催予定のGO OUT CAMPのイベント会場の設営準備中でした。
週末は、ここ、ふもとっぱらに全国からおしゃれキャンパーが集まってくるのでしょう!
いつかオジサンキャンパーも、こっそり参加してみたいです。

オジサン2人のキャンプ、なかなか楽しかったです。
次は、今回食べれなかったステーキ肉をたらふく食べたい!
IMG_8289_convert_20210402211337.png
春めいてきたので、久しぶりにトレランをしてきました、ゆるゆるの・・・・・
こんな時期なので、遠出は避け、自宅近くの箱根を走ることに
IMG_8109_convert_20210402210757.jpg
モントレイルのマウンテンマゾヒストⅣのデビューです。
箱根町港の駐車場にクルマを停め、道の駅 箱根峠を目指します。
IMG_8114_convert_20210402210835.jpg
道の駅の道路向かいにトレイル入口があります。
しばらくは、遊歩道の階段のアップダウンを繰り返すと、芦ノ湖スカイラインの料金所横に飛び出します。
IMG_8139_convert_20210402210907.jpg
ここからこんなステキなトレイルが始まります。
正面には、うっすらと富士山も見えます。
IMG_8142_convert_20210402210933.jpg
トレイルから、芦ノ湖を眺めます。
小さなアップダウンはありますが、基本平坦なトレイルです。
今回は、箱根町港から湖尻までの13㎞程を走るルートです。
天気は、曇空ですが、走っていれば寒くはなく、ちょうど良い気候です。
ゆるゆるトレランなので、走るのも歩くのも自由です、景色の良いところで足を停め、写真を撮るのでなかなか進みません。
IMG_8209_convert_20210402211013.jpg
今日の行動食、黒糖わらびもち、ようかん、ブラックサンダーです。
IMG_8257_convert_20210402211106.jpg
湖尻に到着!スタート地点は、芦ノ湖の反対側
IMG_8214_convert_20210402211041.jpg
湖尻水門のベンチで一休み
キャンプ場を通り、湖尻バスターミナルから箱根園行きのバスに乗ります。
観光気分を味わうために、箱根園から船で戻ることにしました。
IMG_8265_convert_20210402211130.jpg
船は、数人しか乗船しておらず、貸切状態です。
IMG_8284_convert_20210402211230.jpg
右手に見える、走ってきたトレイルを眺めながら15分程のクルージングを楽しみました。
距離は、短いですが、久しぶりにトレイルを走るのは楽しく、リフレッシュできました。
次ももう少し長い距離をゆるゆるで走ってみたい。
2021.03.13 硫黄岳!
RVSJ7224_convert_20210313175412.jpg
八ヶ岳の硫黄岳に登ってきました。
何度も登っている硫黄岳ですが、今回の夏沢鉱泉からのルートは初めてとなります。
IMG_7965_convert_20210313175039.jpg
桜平(中)までクルマで入りました。ここまでの林道も積雪、凍結路面のため車高の高い4WDでないと入れません。
桜平(上)の駐車場は閉鎖中です。
8時にスタート、カチカチに凍った林道を軽アイゼンを装着し歩いていきます。
30分程で、夏沢鉱泉到着、ここは温泉入浴もできますが、登山届を出して出発します。
シラビソの樹林帯の中をのんびり歩いていきます。
樹々についた雪も少しずつ融けて、もう春はそこまで来ているようです。
UKIL7904_convert_20210313175524.jpg
9時15分、オーレン小屋に到着。
目指す、硫黄岳が目の前に!
ここで小休憩し、12本歯アイゼンをつけました。
ひと登りすると、夏沢ヒュッテへ到着
SBDC8182_convert_20210313175438.jpg
ここでトレッキングポールからピッケルに持ちかえ、森林限界を超えた雪面を登っていきます。
NXHH7556_convert_20210313175341.jpg
硫黄岳名物の強風を楽しみにしていましたが、今日は今までにないくらい、ほぼ無風状態。
絶好の登山日和なのでしょうが、ちょっと物足りない感じです。

指先の冷たさも、鼻毛が凍る感じもないまま、汗をかきながら山頂を目指します。
10時45分、硫黄岳2760m到着。
IMG_7979_convert_20210313175146.jpg
いつもは、登頂しても、強風、突風ですぐに下山開始のパターンでしたが、今日は無風、快晴でのんびり絶景を楽しみます。
IMG_7973_convert_20210313175125.jpg
横岳、赤岳、阿弥陀岳へ続く稜線、その奥には南アルプスの峰々も
IMG_7985_convert_20210313175213.jpg
大迫力の爆裂火口!
ドローンを飛ばしている方もいました。
IMG_7994_convert_20210313175249.jpg
ココアと蒸しパンでランチをとり下山します。
IMG_7997_convert_20210313175310.jpg
硫黄岳をバックに!
13時前に桜平(中)駐車場に到着、無事下山しました。
日帰りは、もったいないので、テント泊や泊まりでも来てみたい。
以前から登ってみたいと思っていた杣添尾根に行ってきました。
IMG_7827_convert_20210301221442.jpg
杣添尾根は、登山口から横岳へ最短で登れる尾根です。
海ノ口別荘地が登山口になります。
IMG_7807_convert_20210301221125.jpg
ここ数日の暖かさでだいぶ雪も溶けたようで、トレースを外すと膝まで埋まります。
別荘地を抜け、林道に出ると赤岳から横岳の稜線が!
IMG_7809_convert_20210301221154.jpg
スタートが14時と遅くなったので、16時をタイムリミットと設定しました。
どのくらい標高を稼げるか?目標は2600mくらいかな
樹林帯の中を重いザックを背負って登っていきます。
2500m程でタイムアウト、適当な場所にテントを設営します。
IMG_7814_convert_20210301221229.jpg
樹林帯を抜け、眺めの良いところでテントを張りたかったが、風をしのげる樹林帯で良しとしましょう。
IMG_7817_convert_20210301221308.jpg
寝る場所ができると、次は水作り
雪から水を作るのは、けっこう大変な作業です。
2リットルほどの水を作り、次は夕食の準備です。
いつもの簡単な夕食ですが、テントの中で食べる夕食は最高です。
IMG_7822_convert_20210301225856.jpg
アルコールもワインを少しだけ・・・
気温はマイナス15℃くらいまで下がりましたが、作った水とナルゲンボトルで湯たんぽを作り、シュラフに入れれば朝まで
快眠、爆睡できました。
翌朝は、快晴、準備を整え、杣添尾根を登っていきます。
テント場から20分程で樹林帯を抜けると、絶景が!
IMG_7828_convert_20210301221510.jpg
赤岳がどーんと目の前に!
左に目をやると
IMG_7829_convert_20210301221531.jpg
富士山も!
IMG_7826_convert_20210301221410.jpg
目指す横岳、三叉峰へ続く雪稜を登っていきます。
IMG_7832_convert_20210301221634.jpg
三叉峰に到着!
赤岳、阿弥陀岳をバックに記念撮影
大パノラマを十分楽しんだので、下山することに
テントを撤収し、無事に下山しました。
IMG_7838_convert_20210301221704.jpg
野辺山辺りから眺める、赤岳、横岳の稜線
杣添尾根、静かに登れるなかなか良い尾根でした。
次は、2600m辺りの眺めの良い稜線でテント泊したいなぁ!