2016.10.21 心地良い場所
先日親戚の告別式出席のため小田原から福島県の相馬市まで行ってきました。
距離にて片道500㎞弱、往復1000㎞、新幹線行きも考えていましたがカングーでロングドライブの旅になりました。
IMG_1376_convert_20161021080137.jpg
2007年式カングーフェイズ2は今となってはエンジン、デザイン、装備、乗り心地などどれをとっても現在のクルマと比べ決して優れているとは言い難いものがありますが、自分にとっては「やっぱり、いいクルマだなぁ!」と改めて感心することができたドライブになりました。
IMG_1373_convert_20161021080113.jpg
昔からフランス車のシートは疲れにくく、良くできていると言われていますが、カングーも例外ではありません。
なんの変哲もないシートですが、500㎞を走り終えても腰痛などありません。
これはシートだけでなく、足回りのセッティン等のバランスの結果が、すばらしい乗り心地になっているのだと思います。
最新式のクルマや高級車に乗ったことがないので、あくまで自分好みの話しですが、この乗り心地が好きなのです。
車内は鉄板むき出しで、ギシギシきしみ音が聞こえますが、気になりません・・・
決してパワフルとは言えない1600ccのエンジンを5速MTで操るのは苦ではなく、むしろ楽しい作業なのです。
F1のウィリアムズFW14のRS4の血がちょっぴり入ったK4Mエンジンを回すときは少しだけリカルド・パトレーゼ気分になるのでした・・・・
IMG_1372_convert_20161021080048.jpg
10年近く経過した車ですが、いまだに乗って楽しいと思う車はそうないことでしょう!
これまでは大きなトラブルもありませんでしたが、10年経ったフランス車なんて何がおきても不思議ではないのでそれなりの心つもりと現金が必要になるでしょう・・・・

価格や装備だけではなく、自分にとって居心地の良いモノをこれからも大事にしていきたいと改めて思いました。
スポンサーサイト
2016.04.27 オイル交換
20160427_091540_convert_20160427172044.jpg
もうすっかり春になっているのにスタッドレスタイヤを履きっぱなしのカングー!
このまま交換せずに履きつぶしてしまおうかと思っていましたが、タイヤは走らなくても劣化していくものなので重い腰をあげてタイヤ交換をしました。
20160427_092414_convert_20160427172106.jpg
ジャッキアップしてシヤッドレスタイヤを外し、ミシュランのエナジセイバーを装着します。
20160427_094819_convert_20160427172128.jpg
コンプレッサーでエア圧を確認し、トルクレンチで規定値に締めます。
ついでにオイル交換もやっちゃいました。
20160427_102513_convert_20160427172152.jpg
オイルはいつものコストコのシェブロン
10W-40のつもりでしたが、5W-30だった・・・・・
まぁ、いいか!
20160427_104421_convert_20160427172214.jpg
1.6リッターのエンジンのカングーですが、オイルは4.8リットルも入ります、けっこう大喰らいです。
20160427_105132_convert_20160427204045.jpg
オイルゲージとインパネでオイル量を確認して終了!
20160427_110354_convert_20160427172239.jpg
オイルの半端な量が余ってしまったので、カタナのオイル交換も!
20160427_111045_convert_20160427172300.jpg
カタナは整備性が悪く、オイルフィルター交換はモリワキのショート管を外さないとできません。
今回はオイル交換だけなので、あっという間に完了!
前回の交換からあまり距離も走っていないので、まだキレイそうなオイル。
足もオイルもきれいになったので、ドライブやツーリングに行きたいな!
通勤で使っているスーパーカブ90 カスタム、軽トラと並ぶ我家の一番の働く乗り物です。
燃費も抜群、運転も楽しいカブで片道30分程の距離を走っています。
20160206_163745_convert_20160206194440.jpg
若い頃はスーパーカブなんて絶対乗らないと思っていましたが、中年となった今は堂々とカブに乗り、立派なカブ乗りになるよう日々精進しているしだいでございます・・・・
そんな楽しいカブも真冬の通勤の寒さは、こたえるものがあります。
とりわけ指先の寒さは、特に厳しいです。
登山で使う雪山用のウインターグローブのお古を使っていますが、バイクでは風が当たり冬の登山以上の冷たく感じます。
そこで、防寒対策の秘密兵器を購入しました。
20160206_165432_convert_20160206194653.jpg
(有)大久保製作所のナックルガードです。
カブ乗りの間では定番で、評判も非常に良いようです。
20160206_163704_convert_20160206194408.jpg
価格も送料無料で2500円程です。
取り付けは、サイドミラーの台座とミラーの間にナックルガードを挟むだけの10分もあれば作業完了です。
20160206_165258_convert_20160206194600.jpg
おーっ、カッコいい!若い人には理解できないと思いますが、中年になれば多分かるでしょう・・・・
20160206_165309_convert_20160206194626.jpg
ウラから見るとこんな感じ、手首までしっかり覆い、直接指先に風が当たるのを防いでくれます。
20160206_165247_convert_20160206194523.jpg
ナックルガードの部分にステッカーでも貼ろうかな?
明日の早朝テスト走行が楽しみです。
こんなステキな乗り物を造ってくれた本田宗一郎さんに感謝です!
こんな暮らしをしていると、どうしても必要なモノが増えてきます。
そんなモノの中でもなくてはならないモノに軽トラがあります。
20151212_075148_convert_20151212193456.jpg
薪になる原木を運んだり、バイクや自転車を運んだり、何でも気兼ねなく運べる働きモノなのであります。
一見するとスズキのキャリーですが、OEMで今は亡きマツダ オートザムのスクラムになります。
4速マニュアルミッション、エアコンなし、パワステなし、AMラジオのみという男らしい仕様であります。
こんな働きモノのスクラムも最近調子が悪く、エンジンが吹けない症状がでていました。
エンジンは問題なくかかるが吹き上がりが悪いので、点火系が怪しい思い、プラグとプラグコードを注文!
20151212_080310_convert_20151212193803.jpg
軽トラですが青のプラグコードがやる気にさせます!
20151212_075427_convert_20151212193615.jpg
荷台のエンジンカバーを外すとちょっと汚いエンジンが顔を出します。
3本のプラグを取り外すと1番のプラグにオイルが付着しているのが気になります・・・・
20151212_080016_convert_20151212193713.jpg
デスビの接点も磨いておきます。
20151212_081144_convert_20151212193843.jpg
新しいプラグとコードを取り付け、デスビを元に戻します。
そしてエンジンをかけると、見事復活!素晴らしい吹き上がりが戻りました。
20151212_082234_convert_20151212194050.jpg
旧車ではありますが、構造が単純でパーツも豊富なので助かります。
これがなくなると生活にも支障をきたすので、これからも大事に使っていこうと思います。
来週はオイル交換でもしようかな?
これからも頼みますよ!
同僚の誘いを受けて退職した先輩と3人でプチ・ツーリングに行ってきました。
20150306_112528_convert_20150306222544.jpg
コースの計画は同僚に全てお任せ!、数日前にコースの下見をするほどの気合いの入れよう、
下見までしたらツーリングの意味がないような気もしますが・・・・
20150306_112614_convert_20150306222610.jpg

小田原を出発しR135を伊豆方面に向かいます。
20150306_112724_convert_20150306222652.jpg
先輩の愛車、なんとモトグッチのノルジェ1200
モトグッチなんてイモラしか知りませんでしたが、 まさか身近に購入する人がいるなんて!
マレリー製のインジェクションやらブレンボのブレーキなど流石、イタリアてんこ盛りです。
20150306_112843_convert_20150306222730.jpg
続いて同僚の愛車、ハーレーです。 グレードも種類も分かりません・・・
興味津々なのですが、ハマると泥沼なのは分かりきっているので興味のないフリをしています・・・・
その向こうは私の愛車、GSX250S カタナです。
趣味嗜好もバラバラな3台でのんびりツーリングです。
天気は今一つくもり空ですが、伊豆の海を眺めながら同僚のコーディネートした目的地を目指します。
20150306_120833_convert_20150306222805.jpg
伊東の川奈にあるステーキ レストラン COW BOY`Sです。
ここはボリューム満点のステーキで有名なお店のようです。
20150306_121202_convert_20150306222833.jpg
いろんなメニューがありますが、ここに来たらビーフ ステーキを食えとのマスターのお薦めで、同僚は1ポンドステーキ、
私は0.7ポンド、先輩は0.5ポンドを注文しました。
20150306_122626_convert_20150306222902.jpg
これが1ポンド=450グラムのステーキです!もやしも大盛りにしてもらいました。
20150306_122824_convert_20150306222932.jpg
これは0.7ポンドステーキ!見た目は1ポンドとあまり変わらなそうですが、すごいボリューム。
食べきれるか心配でしたが、結構あっさり完食、食べれるもんだね・・・
満腹で店を出てバイクのまたがります、次の目的地はここ!
2015_0306_14294700_convert_20150306222459.jpg
北川温泉の黒根岩風呂です。
ここは海抜0メートル、波打ち際の露天風呂です。600円を払って階段を下ると脱衣所と風呂以外何もありません。
目の前には海、少し曇っていますが大島も見えます。
2015_0306_13383100_convert_20150306222423.jpg
ちょっとぬるめのお湯でバイクで凍えた身体を温めます。
雄大な景色を眺めながら30分程浸かっていました。
せっかく温泉で気持ちよく温まったのに、これからまたバイクに乗り寒い思いをしなくてはいけません。
帰りは伊豆スカイラインから箱根経由で小田原に戻ります。
峠道なので海辺よりも寒いのは確実です・・・
20150306_161148_convert_20150306222952.jpg
伊豆スカイラインは絶好のワインディングロードですが、今日はただの寒い峠道です。
途中の電光掲示板には気温3℃の表示が、雪もチラチラ舞ってきました。
指先が冷たすぎてクラッチが上手く握れず、ずっと6速のままゆっくり走って十国峠に到着。
ここで温かい缶コーヒーで生き返り、そのまま箱根新道経由で小田原まで戻りました。
アクシデントもトラブルもなく楽しく1日を過ごすことができました。
次はゆっくり1泊でのんびりツーリングに行きたいな!
暖かいところにね・・・・