FC2ブログ
IMG_8370_convert_20210415195230.jpg
朝早くから伐った桜の回収に行ってきました。
ここは、秦野市の千村地区、塩漬けなどに使う、八重桜の生産量、日本一を誇る場所になります。
IMG_8383_convert_20210415195323.jpg
満開の桜を見上げながらの作業です!
IMG_8418_convert_20210415195356.jpg
昨日のメンテのおかげで、ハスクバーナーも絶好調です。
作業がはかどります。
朝ごはんも食べずに来たので、少し早めのお昼ごはん
IMG_8381_convert_20210415195301.jpg
ここも、桜を眺めながら、贅沢なお昼となりました。
IMG_8431_convert_20210415195425.jpg
軽トラの荷台一杯の桜を積んで、2往復しました。
身体はガタガタです・・・・
IMG_8433_convert_20210415195450.jpg
夜の部も、しっかりお花見しました!
次は、薪割りが待っています・・・・
スポンサーサイト



2021.04.14 出撃準備
IMG_8364_convert_20210414202522.jpg
桜の伐採情報が入ったので、その準備を!
IMG_8361_convert_20210414202453.jpg
愛用のハスクバーナのメンテナンス
相変わらず、チェンソーの下部からチェンソーオイルの漏れがあります。
昔乗っていた、ミニやアウトビアンキも、当たり前のようにオイル漏れがありましたが、ちょっと前の外国製品は、そんなモノなんでしょうか?
オイル漏れがひどかったミニは、「漏れてるうちは、オイルがある証拠」と割り切って乗っていました。
IMG_8369_convert_20210414202708.jpg
チェーンの張りを調整した後、ソーチェーンを研いでメンテ終了!
IMG_8367_convert_20210414202554.jpg
出撃準備は完了!
ハスクバーナの2stサウンドが、楽しみです!
2021.03.13 電動薪割り機
IMG_7964_convert_20210313171319.jpg
友人から電動薪割り機を借りてみました。
これまで、斧とクサビでなんとかなってきましたが、電動薪割り機の実力はどんなものかと興味がありました。
スペック的には4tとあまり期待は、していませんが、どんなものでしょうか?
薪は、先日玉切りにしたサクラを割ってみます。
LSTZ5014_convert_20210313171741.jpg
最初は、上手く割ることができず、途中でモーターが止まってしまったりもしましたが、コツをつかむと気持ちよく割ることができます。
木目をよんで、弱点に刃を当てるのは、斧で割るときと同じです。
IMG_7960_convert_20210313171141.jpg
斧で割るのと比べ、腰の負担も少ないのも良いです。
あっという間に片付いていきます。
IMG_7963_convert_20210313171214.jpg
割った薪を、再び軽トラに積み込みます。
もう少しパワーが欲しいところですが、電動薪割り機もなかなか良い感じがします。
全部割り終えた後の達成感は、斧やクサビに軍配があがるようです。
IMG_7860_convert_20210225164219.jpg
「桜を伐ったのでいるか?」と連絡をもらったので、回収に行ってきました。
1m程の長さにカットしてくれているので、軽トラに積むのも楽で助かります。
IMG_7858_convert_20210225164144.jpg
軽トラ1杯分だけ積み込みました。まだ他の場所の桜も伐ったとのことですが、今日はこれだけ回収します。
IMG_7876_convert_20210225164247.jpg
自宅に戻り、早速玉切りに!
IMG_7884_convert_20210225164333.jpg
明日は雨予報、薪割りは週末の予定なので、再び軽トラに積み込みブルーシートをかけておきます。
薪割りが楽しみ!
IMG_7270_convert_20201208142845.jpg
ケヤキとサクラの大物と格闘し、やっと終わりました。
IMG_7374_convert_20201208144705.jpg
ケヤキの堅さには、まいりましたが、苦労した分、乾燥した後は良い薪になることでしょう。
IMG_7271_convert_20201208142950.jpg
堅いケヤキを割った代償で、愛用の斧、グレンスフォシュプルークスの442もだいぶ傷んできました。
10年間の使用を合わせ、ヘッドのガタツキを修理しました。
IMG_7273_convert_20201208143024.jpg
古い木製のクサビをドリルでもんで、取り除きます。
IMG_7274_convert_20201208143123.jpg
柄とヘッドを分離しました。
IMG_7275_convert_20201208143212.jpg
柄はもう少しがんばってもらいます。
IMG_7276_convert_20201208143245.jpg
新しい木製のクサビを打ち込みます。
IMG_7280_convert_20201208143354.jpg
金属製のクサビを入れて修理完了。
お次は、これも薪割り作業で、ボロボロのブーツ
ダナーのマウンテンライト
IMG_7355_convert_20201208143510.jpg
割った薪が、ブーツに当たり、つま先にダメージが・・・・
IMG_7360_convert_20201208151237.jpg
ブラッシングした後、オイルを入れていきます。
IMG_7367_convert_20201208143621.jpg
ダメージ跡は、消せませんがオイルがいきわたって良い感じに!
使ってこその道具なので、メンテや修理しながら永く使いたい。
斧やブーツのキズも、薪ストーブライフの勲章です!