2017.04.27 桜の薪
毎年この時期に職場の先輩から「桜を伐るから取りに来い」と声がかかります。
早速、軽トラを走らせ回収しに行ってきました。
IMG_5115_convert_20170427153021.jpg
この八重桜は、花を塩漬けにするため毎年この時期に摘み取ります。
樹齢50年ほどの桜を1本伐らせてもらいました。
IMG_5098_convert_20170427152940.jpg
直径50センチオーバーの桜です。
IMG_5119_convert_20170427153050.jpg
とりあえず軽トラ1杯だけ積み込み、残りは後日回収することに。
IMG_5125_convert_20170427153156.jpg
庭に敷いたブルーシートに回収した桜を並べ、薪割りスタート
IMG_5133_convert_20170427153228.jpg
比較的割りやすい桜を気持ちよく薪に割っていきます。
それでも中にはこんな玉も・・・・
IMG_5168_convert_20170427153314.jpg
そんな時はクサビの出番!
弱点を見抜きクサビを打って割っていきます。
IMG_5121_convert_20170427153119.jpg
摘み残した花をもらってきました。
まだ我家では桜の花の香りが楽しめます。
関連記事
スポンサーサイト
4月も中旬を過ぎタケノコのシーズンとなりました。
今年は、3月に雪が降ったりした影響なのかサクラも開花が遅かったようで、
タケノコも例年と比べ少し遅いような気がします。
IMG_4999_convert_20170422202456.jpg
仕事明けで、奥さんの実家所有の竹林に軽トラを走らせます。
早速探しますが、例年のごとくイノシシに先にやられています・・・・・
そんな中でイノシシのおこぼれを探します。
IMG_5071_convert_20170422202525.jpg
目と足先で土中のタケノコを見つけます。
1時間程でこれだけ掘れました。
IMG_5075_convert_20170422202626.jpg
数はちょっと少ないものの、初日としてはまずまずでしょう。
来週また行ってみる予定です。
IMG_5072_convert_20170422202557.jpg
竹林の境界のみかん畑ではイノシシ捕獲用の罠が仕掛けられていました。
持ち帰ったタケノコを茹であく抜きしてから、旬の味をいただきました。
IMG_5095_convert_20170422202650.jpg
初物は、定番の煮物と天ぷらで!
ビールもすすみます!
締めは、やっぱりタケノコご飯。
IMG_5096_convert_20170422202724.jpg
旬のものをいただく、自然の恵みに感謝です。
関連記事
いくつかのテントを所有していますが、その中でもお気に入りのテントを紹介!
IMG_4983_convert_20170419201352.jpg
60/40マウンテンパーカーで有名なシェラデザインズのテント、ハーフムーン2+です。
これもいつ購入したのか思い出せないくらい古い付き合い、20年程前なのだろうか・・・・
IMG_4972_convert_20170419201102.jpg
その名の通り、半月のような形をしています。
暗闇でも数分で簡単に設営できます。
IMG_4989_convert_20170419201452.jpg
もう1つのお気に入りは、このポール!
アルミで有名なエーストン社製のポールで軽く強度が強いの特徴です。
IMG_4980_convert_20170419201228.jpg
前室も十分な広さで雨天の調理や荷物を置くスペースになります。
せっかくなので今日は庭で家CAMPをすることに!
IMG_4975_convert_20170419201128.jpg
ランタンの灯りがちょっと透けるフライ越しのテントがいい感じです。
IMG_4977_convert_20170419201201.jpg
いつものようにアルコールと好きな雑誌を持ち込んで極上タイムの始まり!
誰にもジャマされず静かな夜が過ぎていきます。
アルコールせいかいつのまにか寝落ち、気が付くと明るくなっていました・・・・
IMG_4981_convert_20170419201250.jpg
3m先のログハウスで淹れた珈琲を再びテントに持ち込みモーニングコーヒータイム
またまた幸せタイムを満喫!
IMG_4987_convert_20170419201423.jpg
マットはサーマレストを永いこと愛用しています。
リッジレストの寝心地がお気に入り。
IMG_4990_convert_20170419201521.jpg
湿ったテントやフライシート、シュラフを干します。
テントは水分が残っていると加水分解がすすみベトベトになってしまうので!
ちゃんとメンテすることで永く愛用することができます。
IMG_4992_convert_20170419201545.jpg
この頃のテントは生地もしっかりしており、収納袋も今とは違いしっかりした造りになっています。
流行のテント程軽くおしゃれではないけれど、気に入りのテントのハーフムーン、まだまだ出番がありそうです!
関連記事
2017.04.08 机の上の定番
4月になると書店の文房具コーナーが賑やかになる。
新しいスタートとなる月なので、それに合わせて新しい文具を購入する人が増えるからなのだろう。
文房具にも目を惹かれる1品があり、高価なモノから安いモノまで文房具コーナーに1日いても飽きることがない。
そんな訳で我家の机の上の定番を紹介します。
IMG_4962_convert_20170408181327.jpg
我家のメモ帳は、ロディアのNo.11と決まっています。
ボールペンは、BICが0.7が定番。
どちらもMADE IN FRANCEです。
フランス製といっても、ロディアが200円、BICのボールペンにあっては80円と国産より安価です。
IMG_4906_convert_20170408181306.jpg
あくまでも個人的な意見ですが、クルマでも文房具でも日本製の方が能力も優れているモノがたくさんありますが、
フランス製のモノは、実力は少し劣っても道具としても魅力は上のような気がします。
それはデザインであったり、歴史であったり様々です。
国産にもステキなモノはたくさんありますが、我家のメモ帳に限っては、フランスに軍配が上がります。
IMG_4904_convert_20170408181224.jpg
No.11は7.4×10.5㎝の絶妙なサイズ!胸ポケットにもすっぽり入って、取り出しも容易なサイズ感!
もちろんロディアにはいろんなサイズが用意されています。
手に持ったままメモがとれる台紙の厚さと書きやすい方眼となっています。
IMG_4902_convert_20170408181142.jpg
これはNo.11用の革カバー
ボールペンホルダーも完備しております。
IMG_4903_convert_20170408181204.jpg
革のお手入れも楽しめます。
IMG_4905_convert_20170408181242.jpg
そしてロディアの相棒のBICのボールペンのペンスタンド。
彼の名はビックボーイ!、フランスの著名な画家、レイモン・サヴィニャック氏デザインです。
数年前に数百円で数個買いだめしていましたが、今や絶版となりネットオークションでは5~10倍の価格で取引されているようです。
IMG_4908_convert_20170408182930.jpg
こんな感じで机の上には、No.11ロディアとビックボーイが待機しています。
でも本当のところは、たいしてメモとるような用事もないのが実情です・・・・
関連記事
2017.04.05 春うらら
IMG_4947_convert_20170405154926.jpg
今日は暖かく、すっかり春の陽気
冬の間しまっていたハンモックをデッキに取り付けて、春の陽ざしを受けながら昼寝タイム
幸せなひと時!
関連記事