日常品でも気に入って永く使っているモノがあります。
愛着のあるモノなので、できるだけ修理して永く使っていきたいと思っていますが、
大事に使ってはいても、いつか壊れたりして買い替えの時がきます。
今日はそんなお話し。
まずは、
IMG_4327_convert_20170208201548.jpg
工業デザイナー 故 柳宗理デザインのステンレスケトル つや消しです。
右側が今回買い換えた新品、どちらも同じモノです。
ケトルというより、やかんと言った方がピッタリなモデル。
これで同じモノ3台目になります。
買い替えの原因としては、
IMG_4328_convert_20170208201607.jpg
IH対応なのですが、薪ストーブの上に乗せて使っていたところ底面が熱でゆがんだせいか、IH器具との反応が鈍ってしまいました。
奥さんからのクレームで柳宗理は、薪ストーブ禁止令が出され新しいモノを買うことに。
もう1つ奥さんからの指令は、同じやかんを買うこと!
このデザインが気にっているようです。もしコレが壊れて4台目も同じモノを買うことでしょう。
IMG_4329_convert_20170208201633.jpg
これで古い柳宗理は、薪ストーブ専用やかんとなりました。
お次は、掃除機の話し。
IMG_4266_convert_20170208201237.jpg
ログハウスを建てたときに購入したダイソンの掃除機。
デザインと性能に一目ぼれしての購入して、いまだ現役で大活躍。
それでも新製品と比べると大きさ、重さは・・・・
旧型の持ち運びで腰痛が・・・・という奥さんの訴えで、最新式のダイソン購入となりました。
IMG_4267_convert_20170208201305.jpg
充電式コードレスタイプで、小さく軽くなっていますが、性能はかなりアップしているようです。
IMG_4268_convert_20170208201349.jpg
最大の変更点はこのブラシ!これで今まで以上にホコリやゴミを逃しません。
IMG_4270_convert_20170208201413.jpg
アッタチメントを変えればさらに軽く、小さく。
もちろん旧型は2階の私専用機になりました。
最後はコレ
IMG_4331_convert_20170208201726.jpg
枕でおなじみにテンピュール社のSLEEP MASK  アイマスクになります。
これで同じモノを4つ目になります。
このアイマスクの存在を知った10数年前、購入して初めてつけた時の目を優しく包み込む感触は今も忘れません。
アイマスクとしての遮光性も完璧!
IMG_4332_convert_20170208201826.jpg
夜や昼寝、デッキでハンモックでうたた寝するときも、これさえあれば、うたた寝どころか爆睡間違いなしなのです!
もちろん古くなったモノは仕事用に使います。

機能的にはもっと優れたモノがたくさんあるはずですが、「いいモノはいい!」と使い慣れたモノをいつまでも大事に永く使う、そんなこだわりをこれからも持っていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2017.02.03 SPAMの恵方巻
IMG_4320_convert_20170203220705.jpg
我家の常備食、SPAM (Shoulder of Pork And haM)
いつもコストコに行くと買いだめしてる大好きなSPAM
これを使って恵方巻を作りました。
ここで使うのは、巻き簾ではなく、SPAM純正品のコレ
IMG_4322_convert_20170203220922.jpg
その名も、SPAM MUSUBI (スパム ムスビ)!
ただの型なのだが、スパム好きにはたまらない1品です。
IMG_4311_convert_20170203220346.jpg
10mmの厚さに切ったSPAMを焼いておきます。SPAMだけだとさみしいので玉子焼きも作りました。
IMG_4314_convert_20170203220422.jpg
海苔を敷いて型を乗せます。
IMG_4314_convert_20170203220422.jpg
ご飯を型の3分1の高さまで詰めます。
IMG_4315_convert_20170203220516.jpg
玉子焼きを乗せ
IMG_4316_convert_20170203220553.jpg
SPAMを乗っけて
IMG_4318_convert_20170203220615.jpg
ご飯でフタをして型を押します。
IMG_4319_convert_20170203220741.jpg
型を外して海苔を巻けば出来上がり!
IMG_4321_convert_20170203220857.jpg
美味しそうなSPAMの恵方巻!

あっ、他の家族はSPAM食べれないので私専用の恵方巻ですが・・・・
関連記事
IMG_4212_convert_20170131133152.jpg
1年以上前から何かいいソファーはないかと探していました。
イメージとしては、ゆったりとした座り心地で、身体を横にして寝ることができるサイズ。
生地は革が理想だけど、予算の都合もあるのでデニムもいいかな!
そんなことを1年間考えている時間も楽しい一時でしたが、ついに購入に踏み切りました。
購入したのは、無印良品のワイドアーム 羽根ポケットコイルクッション2.5シーターです。
ソファーも値段はピンキリ、永く使うにはあまり安いものだと・・・・かと言って何十万もするようなソファーは当然手が出ません。
ソファー貯金でなんとかなるお値段もコレに決めた1つの理由です。
そして無印良品ならではのカバーの種類の多さや、もしもの時の修理の簡単さも!
たまたま送料無料期間だったのでさらにお得に、
更に540円を払えば配達業者が組み立てまでしてくれて、梱包したいたダンボールまで持って行ってくれます、これは親切なサービスです。
IMG_4209_convert_20170131133042.jpg
クッションはダウンフェザー、羽根、ウレタンの3種類から選択できます。
あまり柔らかすぎても長時間座ると疲れると思い、羽根ポケットコイルクッションを選択しました。
カバーは、イメージ通りにデニムのブルーを!
IMG_4210_convert_20170131133108.jpg
数年後ジーンズのように少し色落ちしたカバーの色も楽しめそうです。
IMG_4211_convert_20170131133127.jpg
540円払っても業者はカバーは取り付けてくれません。
自分でも簡単に装着できます。
IMG_4213_convert_20170131133219.jpg
う~ん、なかなかいい感じ。
IMG_4265_convert_20170131133336.jpg
同じく無印良品のスチールトレースタンドと木製タモを購入。
IMG_4264_convert_20170131133307.jpg
これがソファーのサイドアームの高さにピッタリ!
ゆったりソファーに座り、珈琲やビールを飲みながら好きな音楽聴いたり、本を読みながら気が付いたら横になって寝ている!
なんて理想のダメ人間に一歩近づきました。
まぁ、もともと立派なダメ人間なのは自他共に認める事実ですが、仕事明けで疲れた身体で帰宅しこのソファーに座り心も体もトロトロに溶けていく瞬間が密かな楽しみになっています。
ダメ人間がもっとダメ人間になるソファーの話しでした。
関連記事
2017.01.27 即戦力!
ミカン農家を営む友人から伐採したミカンの木を軽トラ1杯もらいました。
IMG_4274_convert_20170127193826.jpg
伐ってから1年以上経っているらしいので乾燥が進んですぐに使えそうです。
IMG_4277_convert_20170127193940.jpg
乾燥が進んで虫食いのミカンの薪は、見てくれは悪いですが火力は一級品!
IMG_4276_convert_20170127193900.jpg
あっという間に300℃超えです。
この火力の強いミカンの薪で、チキンのトマト煮を作りました。
IMG_4280_convert_20170127194056.jpg
ストーブ上にロッジのサービングポットを乗せてコトコトと!
IMG_4279_convert_20170127194011.jpg
フタを開けると美味しそうな匂いとトロトロのチキンが!
IMG_4282_convert_20170127194205.jpg
トマト煮おつまみに、モヒートがすすみます。
即戦力のミカンの薪、重宝しています!
関連記事
IMG_4216_convert_20170121202505.jpg
今までに何度も訪れている西丹沢の山々。
いつも気にはなっていましたが、足を踏み入れたことがないエリアがあります。
中川の左岸側の山域です。
一般的な登山道はなく、その分人もあまり入っていないようですが、尾根沿いに歩けるようです。
天気予報は、雪が降ると言っていたのも好都合!
今回のルートは、中川橋~遠見山~大杉山~撫ノ平~穴ノ平沢ノ頭~箒沢公園橋バス停~中川橋となります。
IMG_4215_convert_20170121202443.jpg
中川橋の駐車場にクルマを停め、向かいの階段が登山口。
針葉樹の森を抜け遠見山に続く急な尾根を登ります。
IMG_4221_convert_20170121202541.jpg
気温は低いけれど急登で身体はポカポカ、誰もいない静かな尾根を独り占め!
遠見山を越え大杉山に到着、やけに冷えるなと思っていたら雪が舞い始めました。
大杉山の山頂で中川温泉に下る尾根の分岐を確認し、本来のルート小割沢ノ頭方向の尾根に復帰します。
ここからがこのルートの面白いところです。
尾根の分岐を読み、滑落したら軽傷では済まない痩せた尾根を登り降りします。
緊張する場面もありますが、時折出てくる素晴らしいブナの尾根が緊張を解き和ませてきれます。
IMG_4237_convert_20170121202617.jpg
いつまでも歩いていたい尾根!
小さなピークで雪が舞う中、ランチタイム
IMG_4245_convert_20170121202707.jpg
温かい珈琲で生き返ります。10分で食べ終え先を急ぎます。
IMG_4248_convert_20170121202733.jpg
撫ノ平は、平坦なブナの森!ここでビバークしたい気分です。
この先はザレザレな脆い尾根を下り、登りし穴ノ平沢ノ頭に到着、この先コンパスを当て細い尾根に乗ります。
IMG_4254_convert_20170121202803.jpg
痩せた尾根からは中川の対岸に箒杉の姿が見ることができました。
ダラダラと尾根を下り箒沢公園橋に到着
IMG_4257_convert_20170121202841.jpg
スタート地点の中川橋までの5キロの車道を歩きます。
途中で下ってきた稜線を見上げます。
このルートは、あまり人が入っておらず静かな登山を楽しむことができますが、その分危険な状況もあり注意が必要です。
それを乗り越えた時の醍醐味が楽しみの1つでもあるのですが!
関連記事