FC2ブログ
IMG_1739_convert_20190109142215.jpg
2019年、新春登山は富士山に行ってきました。
昨年12月にも同じルートで行きましたが、天候不良で視界ゼロ・・・・
天気の良さそうな日を選んで昨日行ってきました。
IMG_1478_convert_20190109141210.jpg
スタートは、須山口登山道。目の前の水ヶ塚駐車場に車を停めました。
ここから眺める富士山は、暖冬と海側に面しているため雪が少なく岩稜帯が露出しております。
今日は、写真右手の雪のついていない宝永山2693mを目指す予定です。
須山口登山道の歴史は古く、平安時代には存在していたと言われています。
その後噴火のため廃道となっていましたが、関係者の努力があって1997年頃須山口登山道は復活したようです。
IMG_1732_convert_20190109141614.jpg
スタート地点は標高1450m、しばらくは樹林帯の中を進みます。
誰もいない古の路を、昔の人々は何を想いながら歩いたのだろうと想像しながら登ります。
標高が1800mを過ぎると足元は雪に変わります。
まだ樹林帯の中なので風の影響はさほどありませんが、樹林帯を抜けた時が、怖くもあり楽しみでもあります。
IMG_1645_convert_20190109141246.jpg
樹林帯を抜け雪稜をひと登りすると、宝永火口縁に到着!
上を見上げると富士山山頂が、下を見ると巨大な宝永第1火口が見ることができます。
IMG_1386_convert_20190109141112.jpg
これは、昨年12月の同じ場所で撮った写真、ガスで視界不良、全く先が見渡せません・・・・
今日は視界は良好ですが、風が強く、冬の富士山を堪能するのは最高な日のようです。
IMG_1664_convert_20190109141418.jpg
標高2500mまで上がり、宝永山に向かうトラバース道を進みます。
この取りつきが、クセモノで雪の下にカチカチの氷があり、アイゼンが刺さらない程の硬さがあります・・・・
IMG_1692_convert_20190109141933.jpg
ここで滑落すると100m下の火口まで行ってしまいそうです。
時折り吹く突風にもビビり引き返すことにしました。
安全な樹林帯まで戻り、ちょっと一休み!
IMG_1727_convert_20190109141535.jpg
温かい珈琲と定番の行動食、チーズ蒸しケーキを食べながら富士山を眺め極楽タイム!
登ってきた道を戻り、無事に水ヶ塚駐車場に戻ってきました。
新年最初の登山もケガなく下山し楽しむことができました。
今年も1年を通していろいろな山に登り、いろんな経験を積み重ねていきたいなと思います。
登れても登れなくてもケガなく無事に戻ることが1番大事に!
次はどこに行こうかな?
関連記事
スポンサーサイト
IMG_1465_convert_20190109094844.jpg
昨年からエンジン不動となっていた、スズキ GSX250S 刀
おそらくイグナイター不良とキャブレターが原因と思われますが、安心して乗るためには他にもたくさん手を入れる必要があります。
年式も古く、部品も少しずつ手に入りにくくなっており、これから乗る頻度と金銭を天秤にかけて手放すことを決めました・・・・
IMG_1468_convert_20190109094921.jpg
バイクの世界も旧車と言われるカテゴリーは、異常な位高値で取引されているのが現状のようです。
高校生の頃は、そこいらにいくらでも転がっていたバイクも、当時の新車価格をはるかに超える価格で販売されているようです。
もう一度、モリワキのショート管が奏でる音を耳にしたいと思っていましたが、残念です!
正月の3日に次のオーナーの方が引き取りに来られました。
IMG_1472_convert_20190109094946.jpg
この方も旧車好きでいろいろなバイクや車を自分で修理されているようです・
こういう方なら、カタナも本来の姿に復活させてくれるでしょう!
IMG_1473_convert_20190109095017.jpg
引き取られて行くカタナを送る時は、淋しい気持ちになりましたが、高校の時からの憧れのバイクを手にした時の喜びと、
高回転まで回した時のエンジン音、モリワキのショート管からの排気音は、今でも大切な思い出です。
この後、家族のグループLINEに「カタナがドナドナされていきました」と送ったところ、長女と次女はドナドの曲を知らず、意味が分からなかったと言うことを聞き、ジェネレーションギャップを感じ、私自身もバイク、クルマで言ったら旧車なんだと今更ながら気づきました。
私も家族にドナドナされないように気を付けます・・・・
ありがとう、GSX250S カタナ いいバイクでした。
関連記事
IMG_1451_convert_20181225193202.jpg
ジェダイ・マスター ヨーダの貯金箱。小銭を少しずつ貯めていたのが数年でいっぱいになりました。
さて、貯まったヨーダ貯金で何を買おうかなと考えていましたが、誰もクリスマスプレゼントをくれないので、
自分へのクリスマスプレゼントで昔から欲しかったコレを購入しました。
IMG_1436_convert_20181225193018.jpg
Leeのストームライダー! カウボーイが吹雪の中を進んでいくタグが、文字通りストームライダーなのです。
IMG_1434_convert_20181225192902.jpg
発売は、1933年、カウボーイ用のデニムジャケットなので、乗馬時に腕を伸ばすことを考慮して袖丈を重視したデザインとなって
おります。
当然、カウボーイでもなく、馬にも乗れませんが憧れのジャケットなのです。
IMG_1435_convert_20181225192944.jpg
斜めに付けられたポケットも特徴の1つ、これは反対側の手をポケットの中に入れやすくするためのようです。
IMG_1438_convert_20181225193127.jpg
腰のボタンは、金属ボタンではなくプラスティックのボタンが付けられています。
これも乗馬の時に鞍を傷つけないように考えられたモノだそうです。
こういうウンチクだけでもビール2杯飲めちゃいそうです!
ストームライダー最大の特徴が、ジャケット内側に付けられたブランケット生地です。
IMG_1437_convert_20181225193050.jpg
このブランケットのおかげで吹雪の中も馬で進むことができるのです!
古くからあるモデルなので、古着やビンテージ品なども数多くあり、大変魅力的ではありますが、
このジャケットも自分のストーリーを作っていこうと考え新品を購入、今となってはベトナム製ではありますが
満足な買い物ができました。
10年後にどんな味になっているのか、今から楽しみ!
使い倒したい道具がまた増えちゃいました。
関連記事
2018.12.16 山の恵み!
IMG_1218_convert_20181216194727.jpg
狩猟を趣味とする職場の仲間から、彼が獲ったイノシシの肉をもらいました。
さてこの猪肉をどのように調理しようかと考えました!
IMG_1287_convert_20181216194805.jpg
1品目は、うちでは定番料理のコーラ煮。
ストーブの上でサービングポットでコトコト煮込み。
箸でくずれるほとやわらかくホクホク、寒い夜にはぴったりの料理です。
お次は、コレ
IMG_1289_convert_20181216194828.jpg
王道中の王道、猪鍋。
友人が遊びに来た時に、みんなで一緒にいただきました。
豚肉と比べ、ちょっと臭みがある猪肉ですが、ショウガやゴボウと煮込み、味噌味で仕立てました。
タンパク質豊富で、コラーゲンもたっぷりな猪肉です。
最後は、コレ
IMG_1301_convert_20181216194854.jpg
大きめのブロックに切った猪肉と野菜をストーブでこれまたコトコト煮込み、クミン等などのスパイスを投入しさらに煮込みます。
IMG_1302_convert_20181216194923.jpg
半日程煮込み、具材のトロトロになったらカレールーを投入しさらに煮込みます。
仕上げは、パンの中をくり抜きカレーを投入し、とろけるチーズを少々のせてオーブンで焼きました。
IMG_1304_convert_20181216194952.jpg
カリカリのパンとトロトロ肉のカレーが最高の組み合わせ!
山の恵みの猪肉、美味しくいただきました。
次は何の料理にしようかな?

関連記事
2018.12.12 一輪車リペア
IMG_1234_convert_20181212141718.jpg
ログハウスもメンテや薪仕事で大活躍の一輪車。
元々は普通の一輪車でバスケットがついていたが、コンテナを積みやすいようにバスケットを取り外し積載面をフラットに改良
しまのです。
10年間、いろんなモノを運び、酷使した結果、フレームや木材部がボロボロに・・・・
まだまだもう少し、ガンバッてもらうのでリペアすることに、
IMG_1250_convert_20181212141802.jpg
傷んだ木材やタイヤを取り外し、タワシで水洗いします。
IMG_1253_convert_20181212141915.jpg
フレームを塗装するために紙やすりで全体を擦り、スプレー缶にて塗装。
カラーは米軍のハンヴィーをイメージしてつや消しデザートカラーに!
IMG_1255_convert_20181212141950.jpg
一応二度塗りしました、まぁすぐに塗装が剥がれると思いますが・・・・
IMG_1256_convert_20181212142023.jpg
ホイールもマスキングして同色に塗装。
タイヤは以前にノーパンクタイヤに交換済みです。
IMG_1257_convert_20181212142510.jpg
木材部もカットした後、塗装しました。
IMG_1260_convert_20181212142058.jpg
フレームに木材を取り付けて完成!
ボロボロな外観の一輪車がよみがえりました!
IMG_1286_convert_20181212142129.jpg
コンテナが2つ積載可能、不安定な時はタイダウンベルトで固定すればかなりの量を運搬可能
元祖、ハンヴィーのように多目的に使っていきます。
関連記事