FC2ブログ
IMG_2076_convert_20190313210828.jpg
仕事が休みの本日は、朝から強風が吹きあれていましたが、気温は高め!
山の方を見ると花粉症の方には、申し訳ない程、花粉が舞っているのが分かります。
そんな中、いつもようにジョギングで出かけると、富士山も雲にすっぽり包まれて風がかなり強いことが分かります。
追い風の時は、調子よく進みますが、向かい風に逆らいながら進むのはかなり困難な状況でした。
IMG_2077_convert_20190313210904.jpg
早咲きの桜も、この強風で花が飛ばされそうで心配です・・・・
IMG_2075_convert_20190313210759.jpg
いつものコースの川を渡ろうとして、橋から川を見下ろしたところ!
IMG_2059_convert_20190313210719.jpg
アオサギとクサガメ4匹発見!
ガンダムに攻撃を仕掛ける黒い三連星ならぬ、クサガメの四連星!
実際は攻撃するわけではなく、日光で甲羅干しをしているのか動く様子はありませんでした・・・・
春らしい気配をいたるところに感じながらの強風ジョギングでした。
関連記事
スポンサーサイト
2019.03.10 MUKA 復活!
IMG_1974_convert_20190310174842.jpg
2011年に購入したSOTO のガソリンストーブMUKA
Made in IAPANでプレヒートが不要ということで大人気となり初期ロットを購入したモノです。
レギュラーガソリンも使用可能ということで、けっこう重宝していましたが、最近は燃料漏れのトラブルが頻発していました。
IMG_1975_convert_20190310174920.jpg
コントロ^-ルバルブからの燃料漏れ・・・・
IMG_1976_convert_20190310174946.jpg
ジェネレーターと燃料ホースの接合部からの燃料漏れ・・・・
モノがガソリンだけに重大事故につながる可能性もあるため製造メーカーの富士バーナーさんの相談窓口にメールを送ったところ
「バーナー部とポンプ部」を送ってくれとの返事があり、早速メーカーに送ることになりました。
待つこと1週間!
IMG_2020_convert_20190310175019.jpg
宅配便で富士バーナーさんから届きました。
IMG_2039_convert_20190310175232.jpg
同封の修理書には、不具合の原因、修理内容が記載されていました。
どちらもOリングの劣化により燃料漏れが生じていたようです。
部品交換は、新型シリンダーユニットとジェネレーターユニットの交換となりました。
驚くことにこれが、無償修理となりました。
IMG_2032_convert_20190310175059.jpg
コントロールバルブもプラスチックから金属に変更されていました。
有償での修理と思っていたので、この無償修理はうれしかったです。
もしかしたら初期ロットなので製品自体に不良があったモノかもしれませんが、購入から8年経過したモノを無償修理して
くれるのは、国産メーカーならではことでしょう!
これからも、しっかり使い倒してもメーカーのメンテナンス体制がしっかりしているので安心して使うことができます。
早速、修理からあがったMUKAの燃焼テストを行いました。
IMG_2033_convert_20190310175132.jpg
ジェネレーターも新品交換となり当然ながら燃料漏れはありません!
IMG_2037_convert_20190310175158.jpg
プレヒート必要なしの簡単操作で強い火力、火力調整も得意の良いことだらけのMUKAが戻ってきました。
コレを持ってどこか山に行きたくなりました!
富士バーナーさん、ありがとうございました!
関連記事
SVMX9166_convert_20190304195301.jpg
久しぶりに八ヶ岳でアイスクライミングを楽しんできました。
いつもの駐車場にテントを張ります。
IMG_1982_convert_20190304195043.jpg
そしていつものように、ささやかな宴会を!
IMG_1984_convert_20190304195113.jpg
朝は5時起床出発なので、程々にしてシュラフに入ります。
2月の八ヶ岳にしては、寒くない・・・・
美濃戸口から美濃戸、北沢の登山道は、凍っておりツルツルです・・・・
IMG_1999_convert_20190304195234.jpg
北沢を外れお目当ての沢筋をつめていきます。
湿った雪が降り始め、身体を濡らしていきます。
湿った雪はアイゼンのプレートにダンゴ状に張り付き、バイルで落としながら進まないとグリップが得られず危険です。
SVMX9166_convert_20190304195301.jpg
氷結した沢をバイルとアイゼンを使って登っていきます。
CBSW6872_convert_20190304202023.jpg
ビビりで前腕とふくらはぎがパンパンです・・・・
F8くらいまで登り、雪もかなり降ってきたので、ここいらで撤退することに!
XWYR1808_convert_20190304195327.jpg
登ってきた氷瀑を懸垂降下し下山します。
ここでもアイゼンに雪が張り付き降りにくい・・・・
IMG_1996_convert_20190304195206.jpg
夕方17時、美濃戸口に無事に到着!
お疲れさんでした。
温泉に入り、サッパリした後帰宅となりました。
久しぶりのアイスクライミングで、雪の状態も良くはなかったのですが、楽しめました。
また近いうちに行きたいな!

関連記事
IMG_1955_convert_20190222185557.jpg
ログハウスの軒先に今年もヒヨドリがやってきました。
毎年いつも同じ場所、何がお気に入りなのかは分かりませんが夜になるとやってきます。
IMG_1958_convert_20190222185623.jpg
窓枠の幅3センチ程の場所がヒヨドリちゃんのお気に入り。
小さな鳥とは言え、この場所じゃ狭く窮屈だろうと勝手に親心を出して住まいを拡張してあげました・・・・
IMG_1962_convert_20190222185713.jpg
10㎝×20㎝の板を窓枠の上に取り付けて、これならゆっくり寝ることもできるだろうと思っていましたが、
ヒヨドリちゃんにとっては大きなお世話だったようです・・・・
IMG_1959_convert_20190222185650.jpg
新しい住まいが気に入らなかったのか、30センチ横の幅3センチのいつも場所が好きなのか・・・・
まぁ、好きなところでゆっくりしていってください、ヒヨドリちゃん!
関連記事
2019.02.20 玉切り台!
IMG_1946_convert_20190220193846.jpg
薪ストーブ生活10年目にして玉切り台を作りました・・・・
今までは、伐った原木を台代わりにして玉切りをしていました。
IMG_1941_convert_20190220193640.jpg
図面など引かず、その辺に転がっている廃材で、適当に作るのもいつものことです。
IMG_1925_convert_20190220193600.jpg
適当に作ったモノにしては、その効果は抜群で、原木が安定するため安全性が高くなり、作業効率も2~3倍に上がったような気がします。
何より腰をかがめなくて良いので腰痛防止にも一役買っております!
IMG_1943_convert_20190220193717.jpg
あっという間に玉切り完了!
IMG_1945_convert_20190220195156.jpg
お次は、斧で割って作業終了!
なんでもっと早く玉切り台を作らなかったのだろうと後悔するほど道具です。
壊れても次が簡単に作れるのも利点です。
まだ使っていない方はぜひお試しを!
関連記事